■株式会社ワカバヤシ

〒142-0052
東京都品川区東中延2-4-10 [ map ]
■電話番号
03-3788-1879

カテゴリー選択

検索カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

雑工事とは

0
     雑工事とは、工事費見積書の各項目のどこにも入らない工事のことで、 主要な工事に対してのその他の工事の事を指します。階段手すり、天井改め口、換気口、可動間仕切り、カーテンボックス、鉄梯子、換気筒、看板、表札、手すり、棚、床下収納などが当てはまります。

    タイル工事とは、内装工事、建具の取り付けも終わった最終段階に施される工事です。 石工事の材料としては、御影石、大理石、ライムストーン、砂岩、凝灰岩、スレート、テラゾー、擬石、結晶化ガラス建材など。施工法としては、石の裏面にモルタルを使用する湿式工法、躯体に取り付けたファスナーで石を留める乾式工法、モルタル下地やボード下地面に接着剤で石を貼り付ける接着工法などがある。
    タイルの工法には、モルタルの上からタイルを押さえ込んで貼る圧着貼り、モザイクタイルユニットの裏面にマスクを当ててモルタルを塗って貼るマスク貼りなどを用います。


    マンション改修工事とは、補修工事や修繕工事が経年劣化した性能や機能の原状回復だけではなく、機能を向上させるような改造・変更など、マンションを強化をさせる工事です。耐震安全性の向上を目的とする耐震改修、設備の機能を向上させるために行う電気容量の向上やIT化対応、共用廊下・階段のバリアフリー化、エレベーターの新設などが該当します。

    FRP防水

    0
       最近の木造住宅ベランダ防水はFRP(Fiber Reinforced Plasticの略称)防水が主流です。
      伸びと弾力性を併せもっています。継ぎ目のないシームレス施工。
      防水層が強靭で耐シガレット性に優れています。防水機能をはじめ、耐食や耐熱、耐候性など
      種々の外的要因からの保護機能を発揮し、今までに無い耐久性のある新素材の防水材として注目されてきています。

      ウレタン防水

      0
        塗料状になっているウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛やローラーなどで塗って防水層を形成する工法です。
        基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工するというもので、施工すると2つの成分が化学的反応で硬化し、優れたシームレスな防水層になります。
        他の防水工法と大きく異なるところは、アスファルト防水工法のように高温を必要とせず、強烈な臭いもないこと、またシート防水と異なり継ぎ目のないシームレスな防水層に仕上げることができるということです。
        ウレタン塗膜防水工法は、防水層全てを塗って仕上げるため、完全にシームレスな防水層を形成することができます。複雑な形状の屋根やベランダでも簡単に施工できます。

        uretan1.jpguretan2.jpguretan3.jpg 

        屋根防水工事

        0
           雨漏りがしていなくても部屋の中に届くまでに 壁内部に滞留しているのです。 また部屋内のクロスカーペットが湿気で捲れてきたり クロスを貼っているコンパネや木部等を腐らしてしまっては 補修するのに大変な費用がかかってしまいます。 また、鉄骨住宅で太い鉄骨を使用しているから大丈夫と思われている方がいますが、 鉄骨のジョイントやボルト部分を錆びさせてしまえば建物の強度は大変弱くなってしまいます。 また、資産価値・評価などにも影響してきます。 屋上防水に関しては雨漏れが発生すると、目に見えない部分の腐食は大きいと思って下さい。 防水工事は早い修理が肝心です。yane1.jpgyane2.jpgyane3.jpg

          天井塗装

          0
            建物外壁や廊下・階段内壁に塗料を塗り重ねる事により、建物本体(躯体)を保護すると同時に 美観を復元させるという目的で行う工事です。


            最近では、耐候性・耐汚染性を重視した材料が多く、種類も豊富であることから、塗装仕様(どのような工程でどのような材料を使用するのか等)を慎重に選択する事が重要となります。

             

            point.jpg
            内壁塗装工事において、居住者の方々へ対し大きなポイントとなるのが「バルコニー使用制限」です。
            バルコニー側の塗装工事期間中は、サッシ窓などを完全に養生(汚れないようビニールで覆う)するため、バルコニーへの出入ができなくなるので、月曜に開始し土曜には開放できるような工程を組むようにしています。
            材料は主に水性塗料を使用しますが、やはり臭いは出ますので反対側(廊下側)は換気のできる状態にすることも忘れてはいけないポイントです。


            1ページ中/1ページを表示